円満家庭の秘訣は夫婦二人三脚! 家庭を円満に保ち、笑顔で過ごすためのコツをアドバイス♪

共働きには、メリットとデメリットがある

共働きで子育てをする環境は、今はごく自然な選択肢の一つになってきています。子育てが一段落ついてから復職を考えるケースも少なくありません。実際に家計が安定し、子供たちと旅行に行く回数も増やせたり、子供の為の貯金が出来るなど、経済的なメリットも大きいでしょう。他にも、共稼ぎは夫婦は、お互いを思いやれるようになったり、一緒にいられる時間が短い分だけ子供もを愛おしく思えたり、仕事へのやる気も起きるなどといった精神的なメリットも大きいかもしれません。また、家庭とは違う場所に自分の居場所を作ることで、生活バランスを整えることも可能です。経済的な理由や物理的なメリット以外にも、気持ちの面で、子育て中の共働きには大きなメリットがあると言えるかもしれません。

しかし逆に、特に母親は、かえってストレスや子供に対するうしろめたさとの葛藤に悩まされることもあります。寂しい思いをさせていると感じながら仕事をしたり、週末になれば溜まった家事をこなしながら子供の面倒を見たりしなければなりません。精神的にも余裕がなくなり、いっぱいいっぱいになってしまう可能性もあるでしょう。中でも、料理は献立を考え、買い物をし、調理して片付けるといった重労働を毎日こなさなければなりません。また、子供が熱を出したり、トラブルが起きた場合、周囲の理解や協力を得なければならなくなります。

さらに、夫婦のどちらかが仕事で忙しくなってくると、時間のすれ違いだけではなく、家事の負担が一方に大きくのしかかる形になり、精神的に不安定になる要因にもなります。共働きにはメリットとデメリットの両方があるので、夫婦で仕事をしながら円満に育児をこなすためには、しっかりと話し合うことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です