円満家庭の秘訣は夫婦二人三脚! 家庭を円満に保ち、笑顔で過ごすためのコツをアドバイス♪

共働き夫婦が円満な家庭を維持するコツ

共働き夫婦が仕事と子育てを効率的に進める際に欠かせないのが役割分担です。互いの役割を明確に定めておかない場合、仕事の負担がどちらかに偏って不公平感が生じる事があるので注意しましょう。人間は忙しくなればなるほどストレスを溜めてしまうので、喧嘩が増える事になり兼ねません。夫婦の帰宅時間が僅差の場合は、早い方ばかりが炊事を担うと労力が大きくなってしまいます。こうした役割分担は、帰宅時間ではなく曜日ごとに振り分けると良いでしょう。また、洗濯や掃除は手際良くすれば短時間でできるのに反して、料理は一時間ほど時間かかる場合がほとんどです。帰宅時間が遅い時に食事当番に当たってしまうと大変ですので、そんな時はメニューのひと品はインスタントにするなどといった工夫をすると良いでしょう。

しかし、家事の問題は夫婦で分業できても難しいのは子育てです。育児で必要な事は子どもの発育状態に応じて変化しますし、オムツやミルクの時間は不規則です。そのため、夫婦で分担するのは難しい場合も少なくありません。こうした育児の負担を共働き夫婦で平等に行いたい時は、互いにとって嫌な事を話し合っておくようにしましょう。どちらかが子供を入浴させるのを避けたい場合、逆に伴侶の嫌な仕事を率先して請け負うようにすると良いのではないでしょうか。

また、子育ては女性か男性のどちらかが担って家事は代行サービスに依頼したり、どちらかの親に手伝ってもらうという方法も効率的です。共働きで仕事と育児をこなす場合、互いの不満が溜まって爆発しないように、日常的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です