円満家庭の秘訣は夫婦二人三脚! 家庭を円満に保ち、笑顔で過ごすためのコツをアドバイス♪

夫婦で共稼ぎをするときに気をつけたいこと。

今の時代、結婚した後に専業主婦になる女性は少なく、多くは共働きといった世帯が多いでしょう。その理由として、雇用に関して男女平等が広がり、仕事にやりがいを感じていたり、生きがいであるという女性が増えて、仕事を続ける人が増えているからです。もっとも中には経済的な事情から働かなければならない場合もあり、共稼ぎをする理由はさまざまです。

それでも、家庭という場所が持つ意味は変わらないもので、家事は避けては通れません。また、子供が生まれれば子育ての必要も出てくるでしょう。それゆえ、子供が生まれた後も女性が気持ち良く働きたいと願うなら、事前にある程度の下準備をしておくことが必要です。その一つは、今も無意識化に家事は女性が行うものという概念が根付いている環境を改めるということ。中高年に多くみられる傾向ですが、逆に若い世代は男女平等が広がっているので、夫婦間で家事の分業を話し合うことをおすすめします。可能なら結婚前から家事について分担しておいたり、子供を授かる前から子育てを考えて、夫に理解を求めておくとスムーズかもしれません。

さらに、民間や公共の育児サポートサービスの積極的な活用も視野に入れると良いでしょう。いずれも、女性が自分一人で頑張ろうと思わないことがポイントです。家事や育児の全てを女性が引き受けてしまうと、それが夫婦間で当然のことになってしまうので、可能な限り夫も家事や育児に参加してもらうようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です